お口にいいハーブ事典

キシリトール

【主な作用】唾液分泌促進、再石灰化作用など

虫歯の発生と進行を防ぐ、合成甘味料。

カバノキから発見された天然成分で、キシロースから合成される糖アルコールの一種。野菜や果物の中にも含まれます。天然の代用甘味料として知られ、北欧諸国で多用されています。また世界各国で医薬品用とで認可を受けており、1997年4月には日本の厚生省(現厚生労働省)で食品添加物として認可されています。

単に虫歯の原因となるプラーク(歯垢)や酸を作らない甘味料は、糖アルコールをはじめ数多く存在します。しかし、「虫歯の原因にならない」だけでなく、「虫歯を発生と進行を防ぐ」ことがわかっている甘味料は、キシリトールだけです。

また、スクロース(砂糖の主成分であるショ糖。ブドウ糖と果糖が結合したもの)に比べてカロリーが4割低く、吸収速度も遅いため、血糖値の急上昇を抑えます。骨粗鬆症や急性中耳炎の予防に役立つこともわかってきました。