お口にいいハーブ事典

オウゴン(黄芩)

【主な作用】消炎、抗炎症、抗菌、抗アレルギー、細胞賦活、保湿、収れん作用など

粘膜の炎症を抑制。美白作用も。

オウゴン(黄芩)は、中国原産のシソ科の植物コガネバナの根。黄金花と書くものの花の色は青紫色で、根が鮮やかな黄色であることからその名がついたといわれます。

主成分はバイカリン、バイカレン、オウゴニンなどのフラボノイドで、多くの漢方処方に配合されている重要な生薬のひとつ。

漢方では細菌が出す毒素によって引き起こされる粘膜の炎症(胃炎、腸炎など)を修復するとともに熱を取り除き、全身状態を改善する目的で使用されます。

化粧品原料としては、抗炎症、抗光老化のほか、メラニンの産生を抑制する働き(美白)でも注目されています。