お口にいいハーブ事典

ハーブとは、花・茎・葉・種子・根などが薬効、効能を持つ有用植物の総称。広義では、私たちの暮らしや健康に役立つ植物のことです。ここでは、マスティック&ハーブに配合されている、お口の健康に役立つハーブ・成分をご紹介しましょう。

マスティック

ギリシャ東南部のヒオス島だけに群生するウルシ科の常緑樹で、別名コショウボク。通常は背が低く横に広…続きを読む

マスティックの写真

カンゾウ(甘草)

マメ科の多年草で、ハーブ名は「リコリス」。根を乾燥したものがヨーロッパやアジア、北アフリカなどで民間薬…続きを読む

カンゾウ(甘草)の写真

オウゴン(黄闃ゥ)

オウゴン(黄芩)は、中国原産のシソ科の植物コガネバナの根。黄金花と書くが花の色は青紫色で、根が…続きを読む

オウゴン(黄闃ゥ)の写真

セージ

シソ科サルビア属の多年草または常緑低木。和名はヤクヨウサルビア。現在では肉の臭み消し使うハーブ…続きを読む

セージの写真

カモミール

キク科シカギク属の一年草。学名マトリカリア・レクティ。和名はカミツレ。中国では母菊(ハハギク)とも呼ば…続きを読む

カモミールの写真

ローズヒップ

バラ科バラ属のノバラの果実。古くからハーブティーとして飲用されてきたほか、薬用ハーブとして長い歴史が…続きを読む

ローズヒップの写真

ムクロジ(無患子)

ムクロジ科ムクロジ属の落葉高木。学名は、Sapindus mukurossi。“Sapindus”とはラテン語で…続きを読む

ムクロジ(無患子)の写真

キシリトール

カバノキから発見された天然成分で、キシロースから合成される糖アルコールの一種。野菜や果物の中にも…続きを読む

キシリトールの写真

メントール

ハッカ(ミント)に含まれる揮発性の精油成分で、特有のハッカ臭と清涼感の強さが特徴。メントールには、植…続きを読む

メントールの写真

アロエ

アロエはアフリカや地中海地域原産のユリ科の多年草植物です。アロエの歴史はとても古く、紀元前1550年頃…続きを読む

アロエの写真